September 02, 2013

稲刈りだよー

Img_9352

Img_9355

8月31日から稲刈り始めました

天気に恵まれサクサクと順調に刈り進めています

それにしても残暑が厳しいこと

稲刈りとしては大変良いのですが

畑にはちょっとお湿りが欲しいくらいに地面はパサパサ

Img_9367

オミナエシ

少しずつ秋

byケイコ

| | Comments (2)

June 16, 2013

雨でも出勤アイガモ君


Img_8504


朝から本降りの雨に、人はのんびり雨時間

アイガモ達は、「今日は行かないのかよー」と狭い仮小屋で行く気満々で待機していた

遅ればせながら、今日は歩いて一番近くの田圃に御出勤とあいなった

Img_8507

車が来ないか確認して

Img_8509

道路を渡り

Img_8510

田圃へと急ぐ。随分歩みが早くなりました。

Img_8512

今日も一日よろしくね

それにしても蒸すなあ

byケイコ

| | Comments (2)

May 24, 2013

田圃デビュー

Img_8182

初めてのお出かけ。

何処に行くのかなあ、遠いのかなあ

Img_8183

ほらほらしっかり歩いて

Img_8189

道路を渡ったらもう少しだよ

Img_8191

さあやっと到着、入って入って

Img_8195


Img_8200

初めての田圃。良い天気でよかったあ

Img_8206

田圃は広いよー。7月の出穂までよろしくお願いします

今年もアイガモにお世話になります

byケイコ

| | Comments (4)

May 17, 2013

今日のアイガモ君

Img_8029

アイガモ君達元気にご飯食べてました。

今日はこのアイガモ君達に働いて貰う田んぼの田植えでした。無事終了。

後はモチを一枚植えるだけになりました

Img_8000

田圃の畦に咲いていたアザミ

田圃の土手や畦を見て歩くのは楽しい

梨畑のそばを通ったら梨の実の赤ちゃんが付いてました

Img_8006

緑がますます濃くなってきましたね

畑の草も伸びる速度が速くて、いろいろ追いついてませ~ん

byケイコ

| | Comments (0)

May 16, 2013

ヒエ~

Img_7893

アイスバーグが咲き始めました。

先日、米糠を播いた田圃にヒエが目立ち始めてしまいました

急遽、除草機の出動です

昨年はそれまで例がないくらい、ヒエが大繁茂して大変でした

その名残か、今年も結構ヒエが出ていますので、早めに退治です

第二段の田植えは午後からになりました

今日は曇空

遅れている畑仕事をしないとなあ

Img_7411

カラーの出荷も後もう少しという感じです

カエル君素敵な休憩所ですね♪

今日は息子の誕生日です

母歴29年かあ

byケイコ

| | Comments (0)

May 14, 2013

アイガモ到着

Img_7836

今年もアイガモ君がやってきました

生まれたばかりで旅をして我が家に到着

元気にチョコチョコ走り回っていました

今季もどうぞよろしくね

Img_7828

Img_7841

そして田圃には今日も米糠播いています

除草剤を使わないので、草の抑止、肥料分として活用しています

アイガモ君の入る田には播きません。アイガモ君にお任せです

Img_7852

昨年から息子がいるので大変助かります

今日は暑いくらいの陽気になりました

午後からも田植えの準備や米糠撒きです

byケイコ




| | Comments (2)

September 08, 2012

往く夏

Img_3415_2


朝晩涼しくなってきましたねえ

ほっとします

朝から、相変わらず蝉の声は賑やか

往く夏を見送るためか、

最後の力を振り絞って短い樹上の生を謳歌しているのか

早朝はヒグラシ、朝はミンミンゼミ

晩夏はツクツクホウシ

草むらでは秋の虫も鳴き始めている

Img_3367_2


月曜に始めた稲刈り、順調に刈り進んで

あと二日も刈れば、今年の稲刈りは終了

Img_3432


ほっと一息ついた夕方、ジンジャーの花の香りが微かに

夏の賑やかさはもうすっかり遠くへ行ってしまったようで

静かで穏やかな日常です

byケイコ

| | Comments (0)

September 05, 2012

稲刈り真っ最中

Img_3324_2

親子。

息子修行中

今年の稲刈りはひとり多い

なので私の出番がほとんどなく、

畑の草取りなんかして

物凄い勢いで蔓延っているヤブガラシと格闘

敵?ながらその生命力の強さに感動さえ覚える

「すごいなあ、すごいなあ」と言いながら蔓を引っ張る

機械化が進んだ稲刈りの方が楽かも

なんて思いながら畑の草取り

いつもならそんな余裕はないなと、

息子に密かに感謝しながら

Img_3329_2

田圃の土手に吾亦紅が咲きだしていた

Img_3301

これは薄荷。細々と畦に生息中

とてもいい香り

Img_3334_3

秋の気配

byケイコ

| | Comments (2)

June 13, 2012

カモの世話になっています

Img_2434

Img_2435


アイガモは4つの田圃に囲いがしてあり、日替わりで60羽を田圃に放している。1町2反の面積を管理するには少ない羽数だが、回すことでなんとかぎりぎり管理ができる。

その他の田圃も除草剤は使わずに機械か人力で除草する。
カモの仕事が一番見事だ。

100%は望んでないが、ほぼ綺麗になってしまう。ついでに虫も食べるので一石二鳥だ。でもカモの田はヤゴもオタマジャクシもいなくなる

近い所は歩いて送迎。離れた所にある田圃は軽トラで送迎。
朝連れて行って、夕方迎えに行く。

まるで保育園の送迎みたいだ。

田圃に行くのは、出穂するまで。穂に届くまで育ったカモが穂を食べてしまうから

その頃には稲も茂り、田圃の草も綺麗になっている。

役目が終わったカモは小屋で餌を貰って余生を過ごす。

幸いな事にテーマパークに引き取られたり、仲間のカラーのハウスで草取り仕事をするなど、大半が生きて次の場所に引き取られていく

ありがたいことだ。

数羽は食用になる。私達の胃袋に入らないこともあるが、感謝していただく。

さんざん働いて貰って、最後は食べる

複雑な気持ちだったが、カモ鍋は美味い

そんな話をすると

「可哀想」という人もいる

まあ確かに。でも私達は日頃、牛や豚まで食べている

胸がいっぱいになったのは

ススムのカモを屠る姿だ

毎日世話をして、世話になったカモを自分で屠る

随分と上手に肉にできるようになった

でも気持ちが慣れることはないという

初めてカモを屠ったとき

ススムがぽつりと言った言葉は、今でもその後ろ姿とともに心に焼きついている。

「俺、やっと本当の百姓になれた気がする」

思い出すだけで涙が出てくる。

それでも大半が生きて我が家から旅立って行くのはありがたい。行った先でのんびり暮らして貰いたい。

私といえば、一生本物の百姓にはなれそうもない。

そんな訳で、夫を尊敬できるというのは、幸せな事なんだろうな(笑)

Img_2438

カモを放した田圃の隣で、人が黙々とヒエ退治。
モップの柄でヒエを土の中に押し込んでいく。腰を曲げないので楽です

Img_2271

田圃の畦に咲くヒルガオの花

byケイコ

| | Comments (4)

September 05, 2011

青いドングリとムカゴ

Img_4688

風でドングリの実が吹き飛ばされて落ちていました。

まだ青いドングリ、帽子を被って可愛らしい。息子が拾ってきたドングリ。今では大きな木になって、こうやってたくさんの実を成らせています。

大切な大切な木です

Img_4682

昨日から稲刈りが無事始まりました。

ラニも一緒に出動。もっぱらバッタ捕りに余念がありません。どうやら捉まえて食べているようです。

Img_4678

Img_4671

俄か雨が心配ですが、これから昨日収穫した分の籾摺りをして、また刈ります。今日はゆっくりな朝を過ごしちゃいました。

マイペースなのんびり農家です。

って、言うのは私だけで、ススムに怒られてしまいますね

Img_4698

ヤマイモの蔓にムカゴがついていました。こんなところにも秋の気配が感じられます

byケイコ

| | Comments (0)

より以前の記事一覧