September 20, 2012

夏を見送る

Img_3600

15日にアースニックフラプロジェクト恒例の新舞子海岸でのメレフラパーティーにて、無事に夏を見送ったと思ったら、熱を出して3日間ほど寝込んでしまいました

咽喉が腫れるがままに、熱が出るままに、家の中でそろっとしていると、熱は上がるところまで上がって徐々に引き出し、今朝はもうちょっとで平熱だぞというところまで下がりました。

稲刈りも終わりちょこっとのんびりできる時期なので良かった。

夏の芝居というビックイベント終えるとすぐに稲刈りが始まり、夏の猛暑がなかなか秋に席を譲ろうとせずに居座っていたせいかどうか、疲れがたまってたのですかねえ…。

Dcim0678

新舞子の海岸で、海と空に向かって踊り、スペシャルゲストのサボテンさんこと高水春菜さん御一行のあたたかな音楽を楽しみ、ゆったりとした贅沢な時間が流れていきました。

踊り終わると日が暮れていく空に、恒例の花火が上がり出しました。

花火は夏の送り火。

空に咲いては消えていく光の花に、夏の思い出が蘇っては胸を熱くします。

新しい出会いがあり、今年もいい夏だったなあ。

そんなことを思っていると、黒い人影が目に入りました。一生懸命花火に点火してくれている仲間の姿です。毎年恒例になった打ち上げ花火を用意してくれて打ち上げてくれる友人は、自分は踊らず、いつもいつも踊る私達の裏方のように陰で支えてくれる人、今年は歌い手さんも火薬まみれになりながらそのお手伝い。

こうやって自分が夏を気持ちよく見送ることができるのも、彼女達のお陰なんだなあと更に胸が熱くなるのでした

Img_3717

夏を見送った翌朝の散歩で見つけた白い露草。新しいシーズンは白い花でスタートしました。

そして熱が下がった今朝は涼やかな秋風が吹いていました。

熱が下がりかけて楽なってきた時にたまっていた本を読み始めました。

秋は読書から♪

そして今朝はおばあさんが栗ごはんを差し入れてくれて

やっぱり秋は食欲か♪

すっかり元気になった私です

byケイコ

| | Comments (4)

January 06, 2012

初稽古

Img_0388

今年初稽古

遅くまで熱心に稽古は続きます

病み上がりの私は後ろ髪をひかれる思いで、

稽古場を後にしました

夜道は凍てついて、稽古で火照った頬に

冷たい空気がキーンと心地よい 

佐藤初女さんの講演で踊らせていただくことになり

皆真剣です。

これは祈りを捧げること

どうぞ本番、皆の息がぴたりと合いますように

これから、それぞれが次の稽古まで自主練に励みます

皆メラメラと燃えていることでしょう

Img_0381

光を求めてブルーデージーの花が開きました。

寒い冬の間部屋に避難しているので、皆窓の方に花首を伸ばしています。

Img_0382

今日の稽古は楽しかった。

真剣に取り組む仲間がいるのは幸せですね

byケイコ

| | Comments (4)

September 26, 2011

さよなら  夏

Img_5115

24日新舞子海岸の夕陽です。

こんな海と空を眺めながら、踊りました

年に一度、この場所でアースニックフラプロジェクトの皆で、一日過ごします。

空を仰ぎ、風を感じ、波の音を聞きながら、裸足で大地を踏みしめる

ギター、ウクレレの音色の合わせ、贅沢な時間がゆるゆると流れます

バンド隊と踊り手の呼吸が静かにあって行く

Img_5096

レイの作り手とプレゼントされたお嬢さんふたりの笑顔。

もう一つのレイはその日が結婚記念日だったカップルに渡りました。

Img_5112

本当に夏が終わりました。

さよなら  夏

byケイコ

| | Comments (0)

September 23, 2011

レイを作る

Img_5088

フラの仲間が来て、レイを作りました

私は花や葉を切ったりするだけです。

器用な友人は初めてなのに、どんどん作り進めていきます

明日の集まりに来る友人へのプレゼント用

きっとその人の顔を思い浮かべて、編んでいったのでしょう。

小さなバラに、彼女の家と我が家に生息していた羊歯を添えて。羊歯の種類が違うだけで随分雰囲気が変わるのも面白い

作る間で踊ったり、楽しい午後のひとときになりました

Img_5067

Img_5068

参考にしたのはこの本「しあわせの花飾り」 UMAHANA著

普段生の花を身につけることはないので、ワクワクします

花の重みからエネルギーが伝わってくるよう

Img_5070

私は庭の秋色紫陽花で髪飾りを作ってみたけれど

フフフ

明日が楽しみです

byケイコ

| | Comments (2)

June 25, 2010

花育デビュゥ

Img_5436

昨日、地域の公民館の協力を得て、花育活動がスタートしました。

カラー生産者グループブルームネットの女性チームが始めました。何回も話し合いを持ち、多くの方々のご指導ご協力を頂き、やっと実現にこぎつけました。

リーダーの啓子S.さんの熱い思いが叶いました。ちなみにメンバー4人中3人がケイコです。余談ですが、お世話になった公民館の副館長さんもケイコさんでした。

子供たちに花をもっと身近なものにして貰いたい、花の良さを知って貰いたいということではじめた花育活動

今回は小学校1年生から3年生を対象に「はなあそび」ということで、5回を予定しています。

Img_5410

Img_5393

Img_5408

Img_5409

Img_5406

ミニカラーと桔梗は地元の生産者の花。

子供達は予想以上に真剣な表情で花に向き合っていました。色々な花の名前を覚えられて嬉しかったそうです。私達も勉強です。

初回ということで見学者が多く、授業参観みたいで、新米先生の気分を味わいました。子供たち以上に緊張していたかも

「またやりたいです」 の言葉

私達が嬉しい気持ちをたくさんもらい、次に繋げるパワーを貰いました。

そうそうこの子たちもデビュゥしましたよ

けんちゃんとはなちゃん

Img_4346_2

byケイコ

| | Comments (2)

February 08, 2010

オハナ

Img_2107 

Yaeさんの♪400年も昔から♪で踊るアースニックフラプロジェクトのみんな。

昨日、上総アカデミアパークでNPO法人フー太郎の森基金の新春チャリティーコンサートが行われました。

一部はアースニックフラプロジェクトのフラ

二部はYaeさんとインディアンフルート奏者の真砂英朗さんのサポーマンスライブ。

私は客席から見守りました。

私達は踊ることでエチオピアの森に木を植えようと誰かが言いました。

そしてわれらが師匠のともちゃんがYaeさんの歌に振りを付け、踊らさせて欲しいと頼んだそうです。Yaeさんが快く承諾してくれて、みんなは森の精になりました。400年生きてきた木の時間のように、ゆっくりと時間が流れているようでした。

♪手を回しても届かないくらい
 とても大きな大きなあなた
 数えきれないたくさんの愛を
 あなたはわたしに くれた
 やさしい薫り、やさしい花、やさしい鼓動
 耳をよせて
 400年も昔から聴いていた この唄を

 略

 どこまでいったら気づくのだろうか?
 深い深い 森の奥に聴こえてくる この唄
 かけがえのないこの唄♪
   (400年の昔より抜粋)

美しかった。歌声も森の精達も

Img_2093
出番を待つ彼女達があまりに綺麗でてハッとしました。

私は怪我をして一緒には踊れなかったけれど、みることができて本当に良かった。アースのフラってものが少しわかったような気がしました。

私達はバンド隊とダンサーとそれを支える人たちで成り立っている

オハナ(家族)

Img_2117

私はカラー栽培と稲作を生業とする農家の主婦。この地に嫁いで誰ひとり知り合いがいなかったけれど、演劇活動やフラを通してかけがえのない人達と出会うことができました。感謝です

怪我をして、私なんていなくても事は回って行くことが分かった。それはなんだがっかりすることではなくて、肩の力が抜けるようなことだ。

でももしかしたら、私がいたら少しは違っているのかもという、なんだか少しのワクワクだってあるかもしれないことにも気付いた

その場にいた誰一人抜けたって、今日のこの一日はありえない。

別の一日になってしまう。

一人は小さい。でも一人は大きいということなのかもしれない。

それは特別なことではなくて、特別な日ではなくて、毎日がそうなんだ。

怪我してへこんだ私の隣にラニがそっと寄り添ってくれる日。そんな小さな日常も、きっと毎日が特別なんだ。

そう私なんかいなくても世界は回って行くんだ。でもそれはね、ちっとも悲しいことじゃない。今この瞬間は今この瞬間地球全体に息づいているすべてのものたちで成り立っているんだから。

Img_2090
リハーサル風景

私が参加の気分を味わえるようにみんなが私を威張らせてくれた(笑)みんなのあたたかさが身にしみた。

ありがとう

全治が2カ月に延びたなあ。まいるなあ。カラーの農繁期全部じゃんannoy

byケイコ

| | Comments (0)

January 16, 2010

ウクレレカフェ

Img_1979

友人がOneDayウクレレカフェをオープンしました。

お祝いがてら、伊達ウクレレ(持っているけれど弾けない)を持って覗きに行きました。

みんなおしゃべりもせずにウクレレを弾いていました。それはそれで楽しそう。

友人がこの日のためにあれこれ準備をしているのを知っていたので、今日は私もなんだか嬉しい。

お年賀を作ったり、お菓子を焼いたり、コーヒーをはるばる海辺の町まで買いに行ったりと、オープンまでの過程を楽しんでいるようでした。

Img_1974

Img_1973

すべて友人の手作り。手ぬぐいときんとん入りのたい焼きです

場所はアースニックカフェ。お馴染みの懐かしい場所での一日だけのウクレレカフェです。

夢に向かって着実に歩き始めている友人。今日の笑顔は最高です。

Img_1975

私はもっぱら彼女が入れてくれたお茶を飲みながら、お喋り。途中からススムも参加して、綺麗なお姉さん達と一緒に嬉しそうにウクレレ弾いていましたよーhappy01heart04

彼女のブログ徒然いちご

私の周りにはね、キラキラ星人がいっぱいいるんです。それで私もこぼれたキラキラいただいて、一緒に笑顔でいられるんです。

ありがとう。

byケイコ

| | Comments (4)

December 27, 2009

オハナ(家族)

Img_1795

血縁を超えた家族。そんなのもあるのよ。誰かが言った。

ここはさ、サークルとかそういうものじゃない。ファミリィだよ。といって誰かが笑った。

みんなが笑ってる。

俺、ここだと自分でいられるって言って眼がきらりと光った。ん?涙?

そんなところがあってもいいね。

Img_1832

私のことグランドマザーと言った輩がいた。おいおいいくらなんでも婆ちゃんじゃちと早いんじゃない?母ちゃんくらいにしておいてよね(笑)

アースニックフラプロジェクト

byケイコ

| | Comments (0)

November 07, 2009

アースニックなフラガール達5

Img_1345

Img_1349

11月の海で踊りました。
またまた新舞子海岸です。

ハウスのビニール張りが無事終わったので、参加することが出来ました。

数日前の震えあがるような寒さが嘘のような、穏やかな暖かい日になり、まさにフラ日和。新舞子のイベントはいつもお天気に恵まれます。昨年は台風が接近していて前日は雨、翌日も雨。でも当日は薄曇りの良い日になったのです。今日も最高の天気でした。

美しい夕陽を背に踊らさせていただく幸せを満喫してきました。
日暮れ時、静かに夕闇が迫る中、ウクレレの調べと波のBGM。
フラが終わった後海辺のテラスで仲間と楽しいひととき。最高の休日。
アースニックフラプロジェクト。
仲間と踊っている私自身が癒されました。

素敵な一日を与えられた事に感謝。

Img_1342
海辺で見つけたクリスマスツリー

Img_1343

Img_1348

byケイコ

| | Comments (2)

September 29, 2009

欲張りな日常

Img_1189

ミニ冬瓜です。ハウスのパイプを上ってなっています。夏の間に採れなくてやっと実ってきました。

苗を買って植えた白菜やキャベツがバッタや夜盗虫に早速食べられています。

ヤレヤレ美味しいものはみんなわかるんだよね。私たちが食べる分も残してくれないと困るんだけどなあ。

ススムは今日も田んぼに堆肥散布

私は今日は老人介護施設のお誕生日会に招かれ、フラ仲間と踊ってきました。静かな雰囲気の中踊らさせていただきました。

フラは優しい気持ちにさせてくれます。
が、なかなか練習時間がとれない私は修行が足りないと反省しきりです。

終わった後のお茶の時間に仲間にいろいろアドバイスしてもらいました。頑張ろうっとnote

農業、芝居、フラ。それに伴って素晴らしい仲間との出会い。本当に感謝だなあ。この欲張り人生、ひとつひとつ大切に過ごしていきたいと思います

Img_1184

byケイコ

| | Comments (4)