« フキノトウ | Main | 桜餅 »

February 28, 2014

水音が変わる時

Img_2663

裏の畑の梅が見頃でした

今日は気温がぐんと上がり、春めいた日になりました

外で仕事をしていて、肌に感じる空気の質が違います

刺すような冷たさは影を潜め、ふんわりと包んでくれるような心地よさがありました

特に夕暮れ近くの空気感はなんとも表しがたい匂いと感触

子供の頃に肌に沁み込んだに違いない懐かしさがありました

ラニと歩く田圃道の用水の水音もこの時期になると変わってきます

なんだか、柔らかく聞こえるのです

あっ水音が変わった♪

毎年、そう思う日があって、心うきうき、足取りも軽くなります

ここ、2.3日そんな春の気配を感じられる嬉しい日が続きました

そうなると、カラーの花もがぜん咲き出しますので、忙しい季節の到来でもありますが

しかしまだまだ油断は禁物、寒暖の繰り返しの続く3月は明日から

雪の2月でしたねえ

Img_2668

田圃の用水の縁でタンポポの綿毛に出会いました

byケイコ

|

« フキノトウ | Main | 桜餅 »

Comments

ケイコさんの感じる力、表現の仕方、いつも素敵です(* ̄ー ̄*)

Posted by: MONA | March 01, 2014 at 08:54 AM

>MONAさん

MONAさんにそんな風に言って貰えると嬉しくてひっくり返りそうです。
私は気の効いたことが言えないので、MONAさんのブログにコメントしたくてもなかなか言えないでいるのに~(笑)
ありがとうございます

Posted by: ケイコ | March 01, 2014 at 11:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フキノトウ | Main | 桜餅 »