« 今年は一枚 | Main | 情熱と溶岩 »

January 07, 2014

焚き火と南天

Img_1719

キウィの剪定をしながら焚き火してます

煙が陽の光を綺麗に浮かび上がらせていました

焚き火は楽しいですね

もはや田舎暮らしの特権でしょうか?

身体中燻されていい香り?です

置き火になってきたら

リンゴでもくべて、焼きリンゴにしようかな

Img_1726


剪定した枝を運んでいる時に

南天の赤ちゃんを見つけました

なんだか得したような気分になったのはなぜでしょう

難を転じて福と成すという縁起木だということです

Img_1729


byケイコ

|

« 今年は一枚 | Main | 情熱と溶岩 »

Comments

南天の赤ちゃん、良い事ありそうです。
たき火が心置きなくできるって・・・
いいな~(゚m゚*)

Posted by: MONA | January 09, 2014 at 10:28 PM

>MONAさん

南天の赤ちゃん
なんか良い兆しだといいな

焚き火もできなくなってきて
なんだか世知辛いというかね

田舎も野焼きは基本的に駄目みたいな方向になってきています
つまらないですよねえ

Posted by: ケイコ | January 09, 2014 at 10:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今年は一枚 | Main | 情熱と溶岩 »