« 情熱と溶岩 | Main | 菜の花の黄色 »

January 14, 2014

月夜

Img_1761

寒い日が続くけれど、冷たい風も気持ち良いな

月がだんだん膨らんでいるようで

夜中に外を見ると、屋根瓦が光ってそれはそれは美しい

眠る前に、ため息をひとつついて、布団に潜り込む

あまり綺麗で言葉にならない

それでため息をひとつ

ラニがどんと真ん中に眠っているので

ちょいと、お母さんも入れておくんなさいといいながらずりずり潜り込む

ラニが乗っていたところがほんのり温かい

湯たんぽだね

「ありがとうラニ」と言って撫でてみる

ラニは聞こえているんだかいないんだか私の足元の方で円くなった

本当は真ん中がいいのにって思ってるかな

窓から月の光が差し込む頃には夢の中だね

夜明け前にサヴァが「ねえ出してよって」起こしに来る前までは

月夜は物語が生まれそうだね

Img_5197

byケイコ

|

« 情熱と溶岩 | Main | 菜の花の黄色 »

Comments

ラニのふさふさの尻尾と、ネコジャラシが可愛い~o(*^▽^*)o 
いろいろ心配して下さり、ありがとう。
母の葬儀は、お花いっぱいでと注文しました。
白よりも淡いピンクと薄紫を多く、アクセントにカラーとカトレア。
良かったです。

Posted by: MONA | January 18, 2014 at 08:55 PM

>MONAさん

自分がいくつになったとしても
お母さんを見送るのは辛いです

色々煩雑なこともあるかと思いますが
どうぞお体を大切にしてくださいね

お花いっぱい、きっと喜ばれたでしょうね

Posted by: ケイコ | January 20, 2014 at 01:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 情熱と溶岩 | Main | 菜の花の黄色 »