« お幸せに~ | Main | 苺のショートケーキの向こうにあるもの »

December 17, 2013

師走なのにのんびりしちゃった

Img_1452_2

12月にはいって

旅に出たり、Φカンパニーのクリスマス公演が我が家であったりと

盛り沢山に過ごしているうちに

早12月も半ばを過ぎてしまいました

今朝の散歩で、陽だまりの我が家の土手に日本水仙が咲いているのを見つけ、尚更のこと、あー師走、押し詰まってきたなあと感じたのでした

ブログの更新も久しぶりになってしまいました

その間いろいろありましたが、今日は風もなく穏やかで静かな師走です

落葉が風に舞うのを楽しんだり、日に透かされた枯葉が美しかったり、寒くなって来たこの時期も、楽しめることはあちこちに散らばっているのです

旅から帰れば我が家の灯りがあたたかく

ミニシアターは小さな集いではありますが、子供達の楽しそうな笑い声が響き、大人はそれぞれの胸の中にあたたかい灯がともり、しあわせな夜でした

そして昨夜はフラの仲間の忘年会、一品持ち寄り、子供も大人も混じって楽しい夜を過ごしました。

平凡の中にこそ、かけがえのない宝物が潜んでいることを実感した日々でした

Img_1446

そう、枯れた栗の葉さえも美しいと感じられた朝なのでした

感謝

byケイコ

|

« お幸せに~ | Main | 苺のショートケーキの向こうにあるもの »

Comments

そうそう!枯れた葉も葉を落とした山も美しいですよね。

Posted by: Shino | December 17, 2013 at 11:52 AM

>shinoさん

そうなんですよー♪

葉を落とした木々もその枝のシルエットが素敵だったり

季節ごとに色々な顔を見せてもらって楽しんでいます

Posted by: ケイコ | December 17, 2013 at 01:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お幸せに~ | Main | 苺のショートケーキの向こうにあるもの »