« 一夜明けて | Main | メモリーズとアメリのクリームブリュレ »

October 19, 2013

思わず苦笑いしたこと

Img_0003

雨が降る前に、撤去した竹などを燃しました

今回の嵐の置き土産は、ほとんど自然のもの、主に竹でした

軽いし燃やせるので助かります

人が川に不法投棄したゴミが入らなかったので良かったです

ススムは川を冷蔵庫が流れて行ったのを見たそうです。

ドンブラコッコ、大きな桃だったらいいけれど…。

近隣の山にも、まあびっくりするようなゴミが投棄されていたりします

前回,川が氾濫した時は、いろんなものがハウスの中に転がっていました。上流で家屋の被害が特にあったわけではないので、皆捨てられたものだと思います。

台風の置き土産を黙々と片付けるのですが、こういうものには呆れてしまいます。

Img_0007

カラーのハウスのわきの電柱に取り付けられた配電箱の中にスズメバチがじっとしていました。洪水の時はこれも水に浸かったと思われます。

上の方にかたまって避難していたのかな

巣を作ろうとしていたみたいでした。川原に生息していた生き物もかなりの被害にあっただろうな

今日、後片付けをして思わず苦笑いしたのは、夏の間にさぼったつけで、まだ草取りが終わっていなかったことが、ゴミの撤去より大変そうだということに気がついたことです。お恥ずかしい限りです

家の中の引っ越しと整理に追われ、ほとんど自分はカラーのハウスに足を運んでいなかったことがばればれですね

嵐は私をカラーのハウスに向かわせたということですかね

もうひと踏ん張りだ!!

byケイコ


|

« 一夜明けて | Main | メモリーズとアメリのクリームブリュレ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 一夜明けて | Main | メモリーズとアメリのクリームブリュレ »