« やる気は満々 | Main | 偉大な存在 »

August 28, 2013

アイ・オープナー

Img_9320

青空が広がったので布団を何枚も干し、タオルケットやら諸々15枚以上洗濯中。干す処がない~…。

魔法の庭の星空劇場、最終合宿は空との睨めっこでした

あー、ゲネが奇跡的にできたぞ~、で、ほっとし

本番初日、周辺地域は降っていたそうですが、魔法の庭には雨が降らず、無事開演

2日目は朝から雨降り…

止まない…。

最終決断を16時にすることを決め、

止んだ!!

開演決定

開場一時間前くらいから、再び雨降りだす。

お客様がちらほら到着し始めたのに、結構な降り

ウ~、幕を開けたい…

しかし今年はクライマックスの電気系統が雨に弱く、傾斜舞台でのダンスがあり、万が一の怪我、事故

ウワ~、皆のやりたい気持ちが飛んでくる~

そりゃ私だって一番やりたいですよー。

開場時間、小雨になってきた

エーイ、やるよー!!

それからの動きが凄かった

こういう時はチームワークが高まる

開演直後また雨が降り出した

でもやるしかない

傾斜舞台はしっぽり濡れている

自分の出番が来た

傾斜のてっぺんから踊りながら降りて行く

滑らないようにいつもより慎重に

それより驚いたのは客席はガラガラだと思っていたのに、想像以上のお客様で埋まっていたこと

転ぶものもなく、クライマックスの電気系統がショートすることなく、無事公演が終了しました

ベストコンディションではなかったので、多少のトラブルはあったもののほっとしましたが、お客様には申し訳ない気持ちが残ります。

こんな悪天候の中、合羽を用意してまで駆けつけてくださったことにもう胸がいっぱいで、挨拶もろくにできませんでした

お客様の送り出しの時にも嬉しいお言葉をたくさんかけていただき、決行の判断が間違いではなかったことにほっと胸をなでおろしましたが、厳しいなあ、苦しいなあと自分のポジションの重圧を感じなかったといえばウソになります。

こうして今年の夏は過ぎて行きました。

すっかり魔法が解けた庭には舞台も客席もなにもありません、跡形もなく消えてしまいました。

青い空が広がり、蝉が相変わらず大音響で鳴いています

今年は天候不良いう障害を与えられて、チームワークや絆の再確認をさせていただいたなあとしみじみ思います。伊達に23年の時間を共有してきたわけではないんだなと。

そしてあらためてどれだけの方達に支えられてきたのか、お客様の気持ち、参加者の気持ち、かげで見まもってくれ方達の気持ちをいただきました

今年も夏は大きな感謝とともに締めくくりです

お越しいただいた皆様、かかわってくれた皆様、本当にありがとうございました。

直前の稽古風景から

Img_9228

見事にアイオープナーとしての旅を終えましたね

Img_9275

地元の子供達も参加してくれました

Img_9265

地元のダンサーズは中学生から○○歳まで頑張ったよー。

Img_9246

長老の笑顔。スポットさん

Img_9209
 

スポット、照明、舞台監督チャン、凄い頑張ってくれたね

Img_9201_2

音響席、稽古時間が少ないのに完璧なデビューを飾りました

Img_9224

振り付け担当、音楽担当最終チェック

Img_9216_2

演出、演出補、お疲れ様でした♪

Img_9277

クライマクッスのキーポイントの装置がてるてる坊主になっていました。タコじゃないよ

Img_9301

何もなくなった庭

本当に本当にありがとうございました。

byケイコ

自分の心の中の目、ちゃんと開いてるかな?

|

« やる気は満々 | Main | 偉大な存在 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« やる気は満々 | Main | 偉大な存在 »