« August 2011 | Main | October 2011 »

September 29, 2011

小さい秋

Img_5181

ヒガンバナ、お彼岸には間に合ったけれど、今年は遅いみたいだ

今になって、にょきっと蕾が沢山出ている。隣の家の土手にどんどん増えて、今が盛り。

Img_5176

秋の草むらは、静かにに可愛らしい。野菊やネコジャラシ、露草なんかがそっと一緒に咲いている。

Img_5183

柿の実がこんなに大きくなっていた

家の周りだけでも、そう、

「小さい秋みつけた」

何処か、山歩きにでも出かけたい季節だな

ちょっと遠くに行ってみたい気分だが、今朝はラニと近所を散歩。

ラニと一緒にぐるっと一回りして来て、家の近くのお地蔵さんのそばで一輪のケイトウの花が鮮やかだった

Img_5188

昨夜遅くまでフラの稽古。踊るほどに楽しさが増してくる。今朝は筋肉痛です

byケイコ

| | Comments (0)

September 27, 2011

幼稚園で花あそび

Img_5141

今日は幼稚園で花育活動

夏の間はお休みだったので、皆に会うのは久しぶり。

3回目ともなると、子供達はほんとよく覚えてるなあ

私なんかすぐ何でもかんでも忘れてしまうお年頃なのに

Img_5143

牛乳パックで花器を作るところから始めます

思い思いにシールを張ったりして、自分だけの花器が出来上がりました

用意した花の中から、6種類好きな花を選んで、自由に挿していきます。

Img_5149

Img_5158

みんな集中して花を活けてました。

子供達は面白い。とらわれてない分、意外な事をしてくれる

ちょっと水揚げの悪かった、花を選んでいたのでとり変えようと言ったら、それがいいらしく、とり変えずにそれを大胆に挿していた

Img_5140

花を好きになってくれたらいいな

花育の時間は楽しいなって言ってくれて嬉しいな

みんなありがとうね

byケイコ

| | Comments (2)

September 26, 2011

さよなら  夏

Img_5115

24日新舞子海岸の夕陽です。

こんな海と空を眺めながら、踊りました

年に一度、この場所でアースニックフラプロジェクトの皆で、一日過ごします。

空を仰ぎ、風を感じ、波の音を聞きながら、裸足で大地を踏みしめる

ギター、ウクレレの音色の合わせ、贅沢な時間がゆるゆると流れます

バンド隊と踊り手の呼吸が静かにあって行く

Img_5096

レイの作り手とプレゼントされたお嬢さんふたりの笑顔。

もう一つのレイはその日が結婚記念日だったカップルに渡りました。

Img_5112

本当に夏が終わりました。

さよなら  夏

byケイコ

| | Comments (0)

September 23, 2011

レイを作る

Img_5088

フラの仲間が来て、レイを作りました

私は花や葉を切ったりするだけです。

器用な友人は初めてなのに、どんどん作り進めていきます

明日の集まりに来る友人へのプレゼント用

きっとその人の顔を思い浮かべて、編んでいったのでしょう。

小さなバラに、彼女の家と我が家に生息していた羊歯を添えて。羊歯の種類が違うだけで随分雰囲気が変わるのも面白い

作る間で踊ったり、楽しい午後のひとときになりました

Img_5067

Img_5068

参考にしたのはこの本「しあわせの花飾り」 UMAHANA著

普段生の花を身につけることはないので、ワクワクします

花の重みからエネルギーが伝わってくるよう

Img_5070

私は庭の秋色紫陽花で髪飾りを作ってみたけれど

フフフ

明日が楽しみです

byケイコ

| | Comments (2)

September 22, 2011

台風直撃

昨日の台風15号はすごかった。

久しぶりの台風らしい台風だった。

午後から吹き荒れた雨交じりの強風で、家の周りの木々もさすがに耐えられなくて、折れたり裂けたり、酷いことになっていた。

Photo

この巣箱、強風で折れた栗の枝の直撃を受け倒されていた。

ショックだったが、最近では蜂の数もめっきり減り、消滅寸前だったのだ。

自分が見つけた時には、崩れかけた巣板に10匹ほどの蜂がいたので、巣箱を組みなおしておいたのだが、1時間後に見に行ったら、再び倒れていて蜂はすべて逃げ出していた。

あ~、これで今年の楽しみは終わってしまいました。

また来年の4月まで寂しい月日が待っている。

という事で、今回の教訓は、①栗の木の下に巣箱は置くな。 ②台風が来たら風で倒されないように備えろ。以上の二つである。  by susumu

| | Comments (2)

September 21, 2011

台風の空

Img_5022

台風で、今日の空はこんな感じ

まだ風は強くなく、雨も時折強く降ってくるが小康状態な午前10時半

予定していた東京行きは断念。

19の頃から星空劇場に参加してくれていて、今でも振付などで参加してくれているCheeちゃんは、今ではプロのダンサーで活躍中

そんな彼女のレビューを仲間で観に行くことになっていたのになあ

本当に残念だ。

今年の夏にも忙しい中を縫って、稽古に駆けつけてくれた

彼女の振り付けは心があって、気持ちが伝わってくる

私には筋力的にかなり大変な所もあるけれど、踊れること、踊らせていただけることが嬉しくて頑張れる。

一緒に踊っている若いこの足引っ張りながら楽しんでいる(笑)

彼女の踊りはかっこいいぞー!!

ROUGE公演、まだ観れますよ

Img_5026

この空、恨めしいぞ

どうか、台風の被害が各地でありませんように

byケイコ

| | Comments (2)

September 20, 2011

雨粒を抱く

Img_5002

昨夜、待望の雨が降りました。

雨の被害が出ている地域の方には申し訳ないですが、ずーっとカラカラの状態だったので、嬉しい雨でした。

朝、植物達が、皆雨粒を抱いて喜んでいました

ゴーヤのひげは、もう放さないわよって、しっかり捉まえて。

Img_5012

Img_4995

今日は曇り空です。

台風がこちらに向かっているみたいだけれど、今は降っていません

虫達も心なしか静かです

各地の台風の被害がありませんように

byケイコ

| | Comments (0)

September 19, 2011

待ってます

Img_4968

待ってます

Img_4971

紫苑

私の背よりも丈高く

咲きだしました

Img_4872

雨が降るというので

畑に種を播きました

小松菜、ルッコラ、水菜、

ダイコンはこんなに乾いているのに小さな芽を出していました

頑張って!

まだ、雨は降りません

雨待ってます

Img_4962

脱原発のデモに6万人

6万人!!

なのにNHKの19時のニュースでは取り上げられなかった

byケイコ

| | Comments (0)

September 18, 2011

赤いカンナ

Img_4958

赤いカンナが緑の木陰で燃えてました。

ひときわ鮮やかに見えました

Img_4957

まだまだ、譲らないわよ、ギンギンラギンにお日様だって照っているしね。

鈴虫が鳴いたって、ツクツクホウシがさよならって言ったって。

そんな風にシャンと背筋を伸ばして咲いてました

Img_4965

それでかな、お気に入りのサボテンのマドラーで、冷たいものをくるくるかきまわして飲みたくなりました。氷がカラコロと涼しげな音を立てます。

昨日仲間入りした、ライオン君はお昼寝中

外の陽射しはまだまだ強く、氷の音がカラコロカラコロ

Img_4960

でもねほら、萩の花も咲きだしていましたよ。

今日は農協の直売所で新米祭り。ススムが張り切って売ってくれています。私は試食用のおむすびを届けたら、ちょっと長めのお昼休み。

Img_4955

ニラの花は逞しいね。道端にわんさか増えて、お花畑のよう

byケイコ

| | Comments (0)

September 17, 2011

ライオンと宇治金時

Img_4939_2

ガオー

腹ペコのライオンは

怒っているのか

怒ったっていいんじゃないか

ガオ~

怒れよ~

ガオー

ライオンはお店の隅にぶら下がって怒ってたから

連れて帰ってきたよ

Dcim0418

すまないライオン

ひとりで食べたよ

夏がなかなか秋にその場を譲らないから

夏をぺろりと食べたよ

byケイコ

| | Comments (2)

September 16, 2011

強くて逞しい花

Img_4900_2

メドウセージ。強く逞しい花

どんどん増えて困るくらい。可哀想だけれど、抜いたりもする

この色はなかなかないんじゃないかな。蕾のうちは黒い

セージなので葉をこすると、結構個性的な香りがする

沢山切って花瓶にどさっと活けたら。なかなか良かった

花がすぐにパラパラ落ちちゃうけれど

花の活性剤とか処理剤使えば落ちないのかもしれないけれど

どんどん増えて逞しいのは我が家向きね

Img_4789

ガウラ白蝶草も強いね。一度植えたらドンドン増えてる

Img_3842

そんな花で占領されている我が家の花壇

まあそれもいいね

byケイコ

| | Comments (2)

September 15, 2011

ヒガンバナ

Img_4921

Img_4915

ヒガンバナが咲きだした

こんな暑い日が続いて、終わらない夏にいい加減うんざりしていても

ヒガンバナは、ほらちゃんと咲いた

お彼岸には必ず咲く

凄いね

秋が来てるんだね

Img_4924

Img_4928

稲刈りの終わった田圃で、久しぶりにラニとボール投げ

走れ~走れ~ラニ

楽しいね楽しいねラニ

ずっとかまってあげられなかったからね

また遊ぼう

byケイコ

| | Comments (0)

September 14, 2011

足跡が肥し

Img_4881

Img_4882

ゴーヤがはじけて、真っ赤な実

初めて見た時は驚いた

この赤は!!

さすが、南国の野菜だなあ

そして、力強い

こぼれた種が芽を出してぐんぐん育つ。

食べればほんとに元気が出そうだよね

はじけた実が沢山、緑のトンネルにぶら下がっている

食べきれなくて、ちょっと収穫しなかったら、そんな風景が出現した

Img_4875

「足跡が肥しだよ」

何年も前にテレビでおばあさんが言っていた言葉が耳に残っている

車も入れない段々畑で働くおばあさんは皺くちゃな顔でさらりと言っていた

ズシンときた

私の畑は肥し不足だ

足跡がついていない

当然結果も比例している

情けないね

稲刈り後も晴天が続く、強い陽射しが降り注いでる

Img_4799

ニャンコも日陰に避難か?

足跡いっぱいつけようよね

その日常こそが愛おしく大切なんだよ

その向こうに素晴らしい世界が広がっているんだよ

byケイコ

| | Comments (4)

September 11, 2011

赤い花

Img_4734

日曜日はお休みだ

だったらいいのにな

稲刈りが昨日で終わり、今乾燥しているもち米の籾摺りをすれば、今年の米作りも終了。

一度も雨に降られず、今日になって先程ザーッと雨が降ってきた

涙雨

Img_4793

あれから半年

花壇に赤い花が咲いています。

めったに植えない赤い花。

春に何故だか、サルビアの赤い花の種を播き、センニチコウの赤い花の種を播いた。

めったに買わない色、濃いピンクのトイレマットを買った。

白い花と青い花が好きだからね

でもきっと明るくて、元気が出てくる色を、やさしく暖かく包んでくれる色をそばに置きたかったのだろう。

Img_4623

いつもと変わらなく見える日常を過ごす私には、現地の方々の、苦しみや不安はどれだけ理解できるのだろうか。

否、わかる筈もない。それが心苦しい

まだ何も終わってない

一日も早い復興を祈りつつも、先の見えない不安と、何やら得体のしれないものへの恐怖感と不信感は募る一方だ

byケイコ

| | Comments (2)

September 10, 2011

お疲れ様

Img_4857

ラニもお疲れ様

今年も無事に刈り終わりました

今年の稲作は複雑な心境

Img_4862

今日はとても暑い日だったねラニ

明日で、半年だよ

紀伊半島では、台風による大きな被害が出た

今日生きて、普通の暮らしがおくれることは奇跡なんだね

Img_4665

かき氷が食べたいよーとかさ

綺麗なお月さまの下でつぶやいてみたり

ほんと腹立つ!!って

わけのわからない大きな力に悪態ついてみたり

……

byケイコ

| | Comments (0)

September 09, 2011

サワガニ

Img_4789

ガウラの白い花が涼しげです。

稲刈りも今日で6日目。天気が続き順調です。その反面休みがないので、だいぶヘタってきました、私。

今日は暑かったです。

でもお陰さまでコシヒカリが刈り終わりました。

Dcim0417

そして、家のすぐ下のこの田んぼ、山の絞り水で、なかなか隅が乾かないのですが、こんなものがいました

Dcim0412

サワガニsign03

雉が飛び出したり、今日も色々な生き物との出逢いがありました。やっぱり家の中にいただけじゃだめですね。フィールドワークは楽しいぞheart04

そうして、夏のあの出来事は夢だったんじゃないだろうか?というほど、魔法の庭には月の光が静かに降り注ぎ、秋を感じさせる虫達が鳴いているのでした。

すっかりお百姓さんモードに戻れたかな

byケイコ

| | Comments (2)

September 08, 2011

身近な植物達

Img_4834

縞々カラスウリ。

順調過ぎるくらい天気が味方してくれている。連続5日目の稲刈りは今日も無事に終了。

明日も天気よさそうなのでコシヒカリは刈り終わる

感謝です

Img_4842

稲刈り時期に必ず咲いているセンニンソウ。キンポウゲ科で有毒らしい。葉っぱを用いた民間療法がある。効くのかなあ。効かなかった記憶がある。

Img_4847

ここにもウマブドウ(ノブドウ)が色づいていた。この実も何かに効くらしい

野山には自然のお薬がいっぱいってわけだ。

神様が供えてくれたのかな

共に生きたいよね。人間だけの世界じゃないもの

Img_4837

ね、カマキリさん

byケイコ

| | Comments (0)

September 07, 2011

稲刈りは順調

Img_4770

稲刈り真っ最中です。

今年も稲刈りができることに感謝です。

いつもと同じように、飛び出した虫を狙って、ツバメたちが沢山集まってきます。
ツバメも旅立ちの腹ごしらえなのでしょうか?
ツバメが飛び交う中コンバインが稲穂の海の中を進んでいきます。

トンボも刈り取られた稲藁に盛んに卵を産みつけています

ここにも季節を感じさせてくれる変わらぬ営みがあります

Img_4761

昨日の空は雲が動いて面白かった。ラニは何想う…。 

Img_4768

ラニにもやっと日常が戻ってきました。夏の間は見知らぬ人が沢山来るし、家のそばで大きな音はするし、落ち着かない日々だったと思います。すっかり脱衣所避難を覚え、いまだに脱衣所で寝ていたりします。
ラニお疲れ様ね

Img_4781

バリ島のお百姓さんが作った帽子がいい色になってきました

Img_4785

さてさて今日も稲刈りは続きます

byケイコ

| | Comments (2)

September 06, 2011

野の花達

Img_4720

葛の花。田圃の土手の枯れかけた合歓の木を覆いつくすように茂り、花を咲かせていた。
その勢いは凄まじさを感じる。
生命力溢れた植物だ。

すべてを覆い尽くす勢いではびこり、覆われたものは枯れてしまう。

その根でできたものが葛粉。こんなに力強いものの根からできているのだから、きっとパワー溢れた食物何だろう。
ジャガイモから作った片栗粉で代用する時もあるけれど、そのパワーには及ばないかも。

そんな風に思える葛。存在感ある花を今、咲かせている。

Img_4728

これは薄荷の花。
毎年多くはないが田圃で出会う。
細々だが生き残っていてくれて嬉しい。
混ざり気のないミントの香りとでもいったらいいのかなあ、爽やかな香りだ。
随分前に庭に植えてみたが、いつの間にか絶えてしまった。元気にはびこるアップルミントとは違う。

Img_4741

吾亦紅も咲いていた。稲刈りをしながら出会った野の花達。

逞しく清楚で美しい

Img_4751

ラニのしっぽとエノコログサ。可愛いでしょ?

稲刈りは順調に進んでいます

by ケイコ

| | Comments (0)

September 05, 2011

青いドングリとムカゴ

Img_4688

風でドングリの実が吹き飛ばされて落ちていました。

まだ青いドングリ、帽子を被って可愛らしい。息子が拾ってきたドングリ。今では大きな木になって、こうやってたくさんの実を成らせています。

大切な大切な木です

Img_4682

昨日から稲刈りが無事始まりました。

ラニも一緒に出動。もっぱらバッタ捕りに余念がありません。どうやら捉まえて食べているようです。

Img_4678

Img_4671

俄か雨が心配ですが、これから昨日収穫した分の籾摺りをして、また刈ります。今日はゆっくりな朝を過ごしちゃいました。

マイペースなのんびり農家です。

って、言うのは私だけで、ススムに怒られてしまいますね

Img_4698

ヤマイモの蔓にムカゴがついていました。こんなところにも秋の気配が感じられます

byケイコ

| | Comments (0)

September 04, 2011

季節の狭間で咲く花

Img_4634

うかれている間に、庭の片隅にツリガネニンジンが咲いていた。

耕地整理前には、田圃の土手に咲いていたが、今ではすっかりその姿が見られなくなってしまった。

昨年はここにはなかったと思うから、おばあさんが植えたのだろう。

もう花も盛りを過ぎていた。

好きな花だが、やはり野山で出会いたい花だ。

Img_4636

シュウメイギクの蕾もプックリ膨らんできた。これは園芸種の一重のピンク。

近くの土手に八重の濃いピンクのシュウメイギクが咲いていたが、やはりこの頃は見かけなくなってしまった

我が家の庭も季節が移り変わって行く

早朝のヒグラシに始まり今はミンミンゼミがやかましいくらい鳴いている。夏を惜しんで、命の限りを鳴き尽しているのだろうか

植物も昆虫もただ命を全うする姿は美しい。

Img_4546

大好きな露草の青がますます冴えて草むらにこぼれている

今日から稲刈り始めます

byケイコ

| | Comments (0)

September 03, 2011

仲間、繋がる輪

Photo_2
全員写っていないけれど、これが今年の仲間達

約50人の仲間で作り上げた今年のお芝居

Photo_3
本番前には必ずこうして輪になって、気持ちを一つにし、成功を祈ります

Photo_4
楽屋作り。丸太小屋の裏に畳を敷いて、本番中に着替えがある役者はここでバタバタ格闘します

Photo_5
本番前の準備中の笑顔。

Photo_6
賄い班の笑顔

こんな笑顔に毎年支えられ続けてきました。

くじけそうになっても、送り出した時にお客様の「また来年も来ます」の言葉に動かされ、稽古場や準備の裏側、すべて終わった後の皆のキラキラした顔が何よりの原動力。

大変だった事も吹っ飛んじゃう瞬間

幸せな瞬間

Photo_7
こんな小さな所で小さな集まりだけれど

夢がいっぱい詰まってます

byケイコ

| | Comments (2)

September 02, 2011

夏を見送る

Img_4614

賑やかな八月が終わり、夏を見送った

大型の台風のせいで、今までにない蒸し暑さに、弱った体がまいっている。

体力も気力も随分と使い果たしていたのか、9月に入って、身体が動かず、変な汗ばかりかいている。

早く稲刈りが始まって、いやでも体動かすモードにならないとグズグズとだるさに負けそうだ

Img_4618

ジンジャーの花が咲いていた。久しぶりにラニの夕方の散歩に付き合うと草むらで鈴虫も鳴いていた

田圃の土手に吾亦紅も咲いていたなあ

確実に季節は変わろうとしている

Imga2901_2

Imga2941

Imga2965

Imga3011

Imga3044

Imga3063

Imga3106

Imga3139

Imga3127

Imga3254

Imga3273

Imga3296

Imga3315

まあこんな風なものがたり

夢の種を乗せた風船はあなたのもとに届いたでしょうか

byケイコ

| | Comments (2)

« August 2011 | Main | October 2011 »