« ぬくぬくと布団にくるまっている場合じゃない | Main | 再びの春を待つ »

February 22, 2011

花を贈ろう

Photo

1月23日に開催されたフー太郎の森基金でのイベントで、123とひふみの日、始まりの白ということで、会場にカラーを飾っていただけました。

我がアースニックフラプロジェクトも、参加させていただきました。画像はその時のものです。

今年はフラワーバレンタインというキャンペーンもあり、男性が女性に花を贈ろうということでしたが、引き続き、ホワイトデーにはカラーの花はいかがでしょうか?

始まりの白を、カラーの花に込めて、大切なあの人に

贈るheart04

特別な日だけではなく、自然に花が贈られたり贈ったり。そんなことが日常にするりと、しっくりと何気なく溶け込むといいのですがねえ。

私は個人的に、カラー生産者ということではなくて、小さい頃から花が大好きなので、お花がいただけたら最高ですsign03

ということでここまでは

カラーの花の宣伝でした

Photo_2

しかし、祝島の原発の騒ぎの事は今日の朝日新聞の朝刊にも載っていず、NHKの朝のニュースにも取り上げられていなかった。パンダはしっかり取り上げられてたのに。

何故だろう。

子孫から預かったものも台無しになり、今生きている人のつつましやかな生活も取り上げるのか

納得していないことを強制的にする事は暴力だと思う

byケイコ

|

« ぬくぬくと布団にくるまっている場合じゃない | Main | 再びの春を待つ »

Comments

私も花を頂くのが一番嬉しい。
祝島の原発の事、知りました。
全くニュースでは聞きません。
署名の用紙プリントしています。

Posted by: MONA | February 23, 2011 at 09:33 PM

>MONAさん

ありがとう。
私は、今涙が出て来てしまって困っています。

私の混乱した頭の中は憤りと、自分の無力さと、いい加減さと、わけのわからない感情が渦巻いていて、2日間停止してしまいました。

Posted by: ケイコ | February 24, 2011 at 09:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ぬくぬくと布団にくるまっている場合じゃない | Main | 再びの春を待つ »