« ピクニック | Main | 小さな妖精 »

February 25, 2010

午後の陽射し

Img_2205

Img_2204

丸太小屋のロフトのベランダから見た風景

洗濯物を取り込みながら、文庫本を持って階段を上る。
ベランダの小さな椅子に座って、午後の陽射しを楽しんだ。

日に向かって瞼を閉じると、赤い暖かい世界が広がった。
冬の終わりの陽射しには予感めいたぬくもりがある。

いい日だ。

県道から、自動車の往来の音が聞こえてくる。結構車が通るんだな。

ヒヨドリが高い声で鳴いた。

裸の木々が春の準備を始めている。

思えばこうしてのんびりと日に当たり、風を感じて、この季節の午後を楽しんだことはなかった。

骨折と、ススムの理解なくしては得られない夢のような時間をいただいた。

ただゆっくりと風を感じ、陽に当たる。
季節の匂いを感じ、音を聞く。

これこそが贅沢だ。

感謝

byケイコ

|

« ピクニック | Main | 小さな妖精 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ピクニック | Main | 小さな妖精 »