« 冬の夜 | Main | ヘレボルス・ニゲラ »

December 03, 2009

歌舞伎座

Img_1618

Img_1610

Img_1621

Img_1622

Img_1617

昨日は歌舞伎座に行き、昼の部を鑑賞しました。

友人が数年前から歌舞伎にはまり、毎月のように歌舞伎を観に行っているということで、歌舞伎座が建て替えられる前に観ておきたかったので、連れて行ってもらいました。

3階席で花道がほとんど見られないのですが、イヤホンガイドを借りての歌舞伎鑑賞、十分楽しめました。

以前に一回観ましたので、これが2回目の鑑賞となります。

3階席は狭くて、ひざが痛くなりました。それでも面白かったなあ。

衣裳も綺麗で、話の内容は分かり易いし、芸達者な役者さん達の芸をたっぷり堪能した感じです。

いつも見ている芝居とは全く違う世界でした。

楽しみにしていたのは、あの宮藤官九郎さんが作、演出という「大江戸りびんぐでっど」。クドカンさんが歌舞伎かあ、どうなるんだろう?と興味津々。

ドヒャーsign03ヘーimpact歌舞伎ってこんなのもありなんだあ。変な感心。大笑いしながら楽しんじゃいました。

エッ!あの人が、この人がゾンビ!!?

歌舞伎ってもっと敷居が高いものなのかと思っていました。でもこれってホントに娯楽なのね。とても楽しませてくれる。でもすごいんだな。稽古して稽古して技を磨いているんだろうな。芸達者な人が見せてくれるからあんなのもこんなのも面白いんだきっと。

なんてわからないこと考えながらみていました。

私が特にカッコいいと思ったのは、役者を介添えする人。舞台上で着替えたりするのを手伝う人の所作が無駄なく素敵。あんなことやってみたいなあなんて密かに思っちゃいましたscissors

中村勘三郎さん良かったなあheart02ほぼ同世代で、子供の頃、確かカンクロウという名前で子役でドラマに出ていたのを覚えています。あの子があんな立派な役者さんになったのねえ。

ひとつ、気になったのは、お祝いの花。これはやっぱり仕事柄目が行きます。初日なのに、すでに活けられたダリアが萎れちゃっていたことです。とても残念。送った方が大好きな俳優さんだったので余計に気の毒のような気がしてがっかり。

まあそれはともかく帰りのバスの車窓から満月が煌々と輝くのが見えました。師走に入りましたが、優雅な時を過ごせたことに感謝です。連れて行ってくれた友人にも感謝。楽しかったよありがとう。

byケイコ 

|

« 冬の夜 | Main | ヘレボルス・ニゲラ »

Comments

私も、時々友達に連れて行ってもらうの。
いつもイヤホンガイドを聞いているわ。
面白いのもあるし、あまり興味がわかないものもある。
「大江戸りびんぐでっど」は、きっと面白かったでしょうね。
伝統も良いけど、新しい切り口も必要よね。
元は大衆を楽しませるものなんですもの。

Posted by: MONA | December 03, 2009 at 09:50 PM

>MONAさん

楽しかったですよ
ど素人だから、素直に楽しめたかも
初日だったので、観る人が観れば、いろいろあったみたいですがね
3階席なので回り舞台の上手の後ろを歩くスタッフさんがちらっと見えちゃったりしたし
でも、アー歌舞伎って大衆芸能だったんだなあって、昔の人はもっともっと楽しみにして観に行ったんだろうなあって思いました。
一緒に行った友人も演目や役者によっては、退屈なものもあるって言ってました。
今回のは私は十分楽しめましたscissors

Posted by: ケイコ | December 04, 2009 at 12:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 冬の夜 | Main | ヘレボルス・ニゲラ »