« 劇場出現 | Main | フクロウが来た!! »

August 03, 2009

一夜明けて

Img_0507

Img_0516

静かな朝です。

丸太小屋のカーテンを引くと、魔法の庭にはちゃんと消えずに私たちの劇場がありました。

みんなはまだ眠っているようで、ひっそりとしています。

今年はシンプルな舞台です。昨年のような平台も作りません。

土の上で物語が展開していきます。

この場所で稽古するのはまだ先のこと。次の合宿で立てるといいな。

Img_0503_2

この竹の向こうから妖怪たちがやって来る!!

『噂には聞いていたけど、これが婆沙羅か!!』

Img_0510

息子が小学校1年生の時から、自宅の庭を開放して、演劇活動を始めました。その年からずっと、夏休みは8月の終わりの本番まで稽古や準備で終わってしまいます。

息子や近所の子供たちに身近なところで演劇を楽しんでもらいたくて始めた活動ですが、親の私が思いっきり楽しんで、その間息子は放りっぱなし。

家族旅行もいけないし、宿題も見てやれないし、私は息子から普通の夏休みを奪ってしまったのかな

この2,3年社会人となって家を離れた息子には本番を観てもらっていません。遠く離れた北の大地で頑張っているのだから仕方のないことだけれど、親の勝手な言い分で、やっぱり一番観てもらいたいのは息子かもしれない。

『夏になると、僕には変な兄や姉ができます。…』

10周年を迎えたときに作った記念誌に息子が書いてくれた一文です。ひとりっこの彼は、役者さんに可愛がれ育ちました。今では彼より年下の子たちが参加してくれて頑張っています。

『夏になると、私にはたくさんの素晴らしい息子や娘ができます』

感謝です

Img_0501

byケイコ

|

« 劇場出現 | Main | フクロウが来た!! »

Comments

いいなぁ、魔法の庭。
普段はひっそりとしていて、妖精が棲んでいそうですね。

Posted by: ree | August 04, 2009 at 07:36 AM

reeさん

いつもはひっそりと、夏にみんなが来るのを待っているんです。

『待っていたよ』『また会えて嬉しい』って、庭がそう言ってるのがわかる瞬間があります
私たちに力をかしてくれるの

Posted by: ケイコ | August 04, 2009 at 08:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 劇場出現 | Main | フクロウが来た!! »