« カモの仕事終了 | Main | 夏を感じる »

July 29, 2009

そんなバカな!!

Photo

きのう共済関連の会議で聞いた話ですが、

水稲の中干し後の水管理が180度変わっていました。

これまでは、中干し後→間断灌水(水がなくなったら入れるを繰り返すこと)

昨日は、中干し後→湛水(水を溜めっぱなしにすること)

どうも納得できません。

中干し後は水田土壌が酸化状態になるため、根もそれに対応して変化してます。

そこに水を入れて溜めっぱなしにしたら、土壌はまた還元状態になり、根ぐされするのではないですか?

これはインターネットでどこを検索してもそう書かれています。

そして今年の千葉県の言い分は?

食品衛生法の米規格基準の見直しに伴い、カドミウムの残留基準が1ppmから0.4ppmに引き下げられる見込み

よって自然由来のカドミウムの吸収を抑えるために、出穂前3週間から出穂後2週間は湛水管理を行う事

という訳ですが、栽培法の大転換に何の説明もないとはどういうこと?

我が地域はカドミウムが検出されない地域だそうなので、今年は従来通りの方法で行きます。 by susumu

|

« カモの仕事終了 | Main | 夏を感じる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« カモの仕事終了 | Main | 夏を感じる »