« ヒエだらけ | Main | うちの嫁は怠け者!! »

June 13, 2009

第7回MPS参加者ネットワーク協議会

昨日MPS参加者ネットワーク協議会に行ってきました。

初めはクリザールジャパンの海下社長による、切り花鮮度管理の基本というタイトルで講演がありました。

 私はカラー花保ちのことでちょっと気になっていることがあるので、大変勉強になりました。

生産者として出荷前にしておかなければならないことが理解できました。

また生産から消費まで一貫した鮮度保持管理が必要だと説いていました。

ブルームネットのメンバーにもぜひ聞いてもらいたいお話だと思いますので、ぜひその機会を持ちたいと思っています。

 二人目は多摩花賣所の志村さんです。

お話のテーマは「小売店が取り組むMPS花販売」です。

MPSとは? 一言で説明できない、市場ではMPSで花を買う人はあまりいない等、ちょっとがっかりするお話がありましたが、生産者が出荷箱に入れてくれるチラシやPOPは、生産現場の声をストレートに届けるのに、活躍しているという事でした。

また志村さんが加入しているFFCグループについても説明くださり、このグループのキーワードは「生産はを伝える」だそうです。ちょっと目が離せない団体です。

最後は岐阜大学の福井先生より「生産者淘汰の時代をどう生きるか」という内容のお話です。

一番印象に残っているのは、やはり鮮度の話でした。

食品業界では製造年月日、賞味期限の表示がされているのに、花業界では鮮度保障表示、切り花収穫日表示、生産履歴表示がいまだにされていないというお話です。

うーんと唸ってしまいました。

またマーケッティングの必要性という事で福岡県のバラ生産者を例に出し、きめ細やかな情報収集と管理で、生花店、消費者の好みを知り生産出荷情報を予め提供し、有利販売につなげているといことでした。

参考になりました。

この厳しい時代どう生き残るのか、

   欲しい人に

   欲しいものを

   欲しい時に

一番大事なことはこれですね。 

講師の皆さんお疲れ様でした。   by susumu

|

« ヒエだらけ | Main | うちの嫁は怠け者!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ヒエだらけ | Main | うちの嫁は怠け者!! »