« 徒然 | Main | 農園に咲く花 »

April 19, 2009

父の遺産

Photo

今日は父の命日だったので、父の眠る横浜の教会に行ってきた。

なんとか日曜礼拝の時間に間に合ったので、受付で讃美歌と聖書を借りて母と弟一家と一緒に礼拝に参加した。

その日に歌う讃美歌のページを開いたら、あらあら桜の花びらが一枚押し花のように張り付いていた。

なんか得した気分。八重桜が咲く頃に逝った父からのプレゼントかもしれない。今日も満開の八重桜が咲いていた。

八重桜をみると父を思い出す。

抗がん剤の副作用で激しい吐き気に襲われ、最期は70kgあった体重が30kg代まで落ち込み、骸骨に皮を被せたように痩せてしまった父。

そんな苦しい病床にあって、在宅治療中の父の祈りは、常に感謝の祈りであった。

「このような私に今日も一日健康を与えられ…。」

涙を必死に抑えて父の祈りの言葉を聞いていたことを思い出す。

最後の病室もとても穏やかでこちらのほうが慰められましたと、父の死後、看護士さんが母に話してくれたそうだ。

どんなにか苦しく不安で、恐怖と闘っていたことだろう。それでも最後まで感謝の祈りを捧げていた父の姿こそ、私たちに残された大いなる遺産だと思っている。

今日も穏やかな一日だった

Photo_2

byケイコ

|

« 徒然 | Main | 農園に咲く花 »

Comments

考えさせられました。
今をより良く生きようとする姿勢が、死を前にして表れるのかしら・・・
きちんと生きていこうと思います。

Posted by: MONA | April 20, 2009 at 09:50 PM

MONAさん

父の心の奥底の葛藤は測り知ることはできません。でも最後に父が見せてくれた姿を誇りに思えて幸せだと思います。

与えられた人生を淡々と受け入れて生きることって案外難しい。まして感謝を持って今を生きる。
今日を無事終えたことを感謝する

私もそういう風になりたいです

MONAさんいつもありがとうございます。勇気づけられます。

Posted by: ケイコ | April 20, 2009 at 10:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 徒然 | Main | 農園に咲く花 »