« なに、この暖かさ | Main | うっかり者のイトトンボ »

February 15, 2009

春一番の贈り物

2009215 2009215_2

春一番は色々なものの眠りを起こして回ったらしく、花も急に咲き出し、カエルは卵を産み、なんと糸トンボまでふわふわ漂っていました。2,3日前はまだちらほらだった河津桜もずいぶん咲いてきました。

そして我が家の仕事もてんてこ舞い!

2009214

昨日は25度近くまで気温が上がり、蕾がたくさん上がっていた我が家の圃場はカラーが一斉に花開き、ウェデヒングマーチを始めてから最高に!!真っ暗になってから田んぼから戻って来ました

200914

軽トラの荷台に満載2台分。せっせと束ねて夜中の1時にやっと終了しました。

2009214_2

ブルームネットのキャッチフレーズ「咲ききるカラー」はお客さんの手元に行かないうちに田んぼで咲ききってしまいましたannoy綺麗に咲いたカラー。でも出荷できないカラー。春一番もやってくれます。

眠い目をこすりながらの仕事もいろいろなことが起きて面白い。
昨夜は暖かかったので作業場のドアを開け放して仕事をしていたのですが、つけっぱなしのラジオの音に混じって鳥の鳴き声が聞こえたような気がしました。

ラジオのスイッチを切ると、あーやっぱり近くに鳥が来て鳴いています。フクロウとかそういうものではなくて、こんな夜中になく小鳥がいるんだとびっくり。ヨーロッパではナイチンゲール(小夜鳴鳥)が美しい声で鳴くらしいけれど。

鳥の声が聞こえなくなってもラジオをのスイッチを入れずに夜の静けさの中、仕事をしました。しんと静まり返って音がしない音が?するような感じです。闇の中に、みんな寝静まっている。草木たちの寝息が聞こえてきそうなくらいに静かです。

開け放したドアからはそっと夜の闇が忍び込んで、黙々と花を束ねる私たちを包みこみます。この静けさは何と心地よいのだろうと思いました。

好きな音楽に身をゆだねるのもいいけれど、この夜の闇が作り出す無音でいるようで無音でない世界。闇は怖いものだったのだけれどこの日の闇は柔らかく暖かかったです。

夜なべはしんどかったけれど、思いもかけない贈り物を春一番がくれました。

byケイコ

|

« なに、この暖かさ | Main | うっかり者のイトトンボ »

Comments

大変ですね。
この気温では、いちどきに咲き始めてしまう?(・・;)
夜中の1時・・・
でも、静かな夜も楽しんでいるケイコさん。
良いです。

Posted by: MONA | February 15, 2009 at 05:10 PM

MONAさん

いつもありがとうございます
2月いは蕾が上がってくる季節なので、昨日のような陽気に一斉にほころんでしまうのです。
いやー参りました。年に何回もないことなのですが、良い花が出荷できなくなるのは残念です。
お友達にお裾分けしましたよ

Posted by: ケイコ | February 15, 2009 at 10:54 PM

我が家も咲いているカラーでなく咲ききった花があります。出荷できなく残念ですが家の花瓶にかざると豪華な感じですよね!大輪って感じ(o^-^o)我が家はハウスにアオヤローが今年も沢山あってモー大変!!溝に流せば詰まるし(。>0<。)臭いし(`Д´)
ケイコさんもsusumuさんも頑張って!!

Posted by: mikiko | February 16, 2009 at 10:29 PM

mikikoさん

畑でまん丸に開いたカラーは綺麗ですよね。
我が家はお友達に皆なもって行ってもらいました
喜んでくれましたよ
mikiちゃんも頑張ってくださいね

Posted by: ケイコ | February 17, 2009 at 07:14 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« なに、この暖かさ | Main | うっかり者のイトトンボ »