« 迷わず来てね | Main | ずっと一緒だよ »

December 24, 2008

クリスマスイブ

Photo_2

昨夜はオリーブの木に付けた電飾を消さずに眠りました。
今晩と二晩は特別に一晩中点けていても良いとのお許しがススムからでましたので。

丸太小屋のロフトの窓からちょうど見えます。
星が降りて来て、そこでキラキラ光っているようできれいでした。
朝方まだ薄暗い中でもほのかな明かりがまたきれいで、とても嬉しい気持ちになりました。

約2000年前にベツレヘムの星も夜空に明るく輝いたのだろうなあ。

「互いに愛しあいなさい」とイエス様は言いました。「隣人を愛せよ」

世の中はとても複雑で、価値観の多様が叫ばれてはいるけれど、不変なこと、ただ一つの願いは今も変わらず、人々の心の底に流れていると信じたい。

宗教という事を超えて、遠い昔に生きた人、イエス様やお釈迦様の生き様や教えが、今もなお、脈々と語り伝えられ、人の心を動かしているという事は本当にすごいことだと思う。

その名のもとに人はさまざまな過ちも繰り返してきたけれど…涙。

今日はクリスマスイブ、子供たちはどんな期待感を持って眠りにつくのだろう。今日と明日、どれだけのあたたかな家族の食卓が囲まれることだろう。

すべての子供たちに温かな食事と安らかな眠りが訪れるのはいつの日だろう。

「天国は人と人の間にあるのですよ」と聞いたことがある。among

そうであることを祈りたい

by ケイコ

|

« 迷わず来てね | Main | ずっと一緒だよ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 迷わず来てね | Main | ずっと一緒だよ »