« 後片付け | Main | 大切な風景 »

August 26, 2008

百日紅・千日紅

826 826_2

サルスベリ、センニチコウ=百日紅、千日紅

826_3

魔法の庭

消えてしまった劇場

真夏の夜の夢

夢の跡

みんなの胸の中に確かな「」を残して今年の夏が終わりました

たくさんのありがとうの言葉が飛び交い、熱い涙が溢れていました

18年間やってきて最高の舞台でした。

こんなにもみんなが一つになってそれぞれの役割を生き抜けたことが本当に嬉しい。

若い役者のひたむきな姿、主役を演じた役者の苦悩、それを支える仲間。

本当にいいものを見せていただいた夏でした。私はちょっと引いたところからみんなが動く様子を見るのが好きです。真剣なまなざしで舞台の袖に控える役者たち、きびきびと動くスタッフ、陰でその様子を見ていつも涙が溢れて来て仕方ありません。幸せの瞬間です。

いつまでも変わらない思いでここに在り続けることが私の使命なんだと再確認できた年でもありました。

「ここは本当に変わらずにいてくれました」といって久しぶりに訪れてくれたその人は、以前一緒に舞台に立ってくれた人で、この数年大変な思いで生きてきたということでした。本当に振り絞るような思いで足を運んできたのだと思います。「紅」の初演に出たこともある人です。今年の「紅」を見ていろいろなことが整理ができたとも言ってくれました。

かかわってくれたすべての人が、いつでもここに帰ってこられるよう、若い役者が行き詰ったり、疲れた時に、いつでも不意に訪れることができるよう、私はいつまでも変わらずここに居続けようと心の底から思いました

たくさんの感動をありがとう

送り出しの時のお客様の熱い握手が次のステップにつながる原動力になりました。

by ケイコ

|

« 後片付け | Main | 大切な風景 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 後片付け | Main | 大切な風景 »