« 札幌ひとり旅 | Main | ハードな1日 »

December 05, 2007

アメリカザリガニ

普通湿地性カラー生産者の間では、問題にならないアメリカザリガニ。

わが家の圃場にはたくさんいる。これがカラーにとっては厄介だ。

親イモから出てきた小芋の芽が地中から水中に出たとき、この芽を食べてしまうため株が増えないし、地中にもぐって住処とするため、カラーの根も食べる。

花芽も食べられてしまう事もある。

バイジットなる農薬をかければかなり効くが、我が家はそれを使わない事にしている。

そんな訳でカラーの水を干してザリガニ捕りをした。

水の中では人の影を見ると、素早くバックで移動してしまうザリガニも、水を干されると逃げ足も遅くなり、人影をみると爪を持ち上げて威嚇している。

ひょいと抓まれバケツにポイ。

Photo Photo_2 あっという間にこの通りだ

こうして捕られたザリガニは、アイガモの大切な蛋白源になる。

カラーの厄介者もこうして役立っているのだ。

ゴミになるものは何もない。

|

« 札幌ひとり旅 | Main | ハードな1日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 札幌ひとり旅 | Main | ハードな1日 »